森が癒やしてくれる|洗練された空気感のあるブリリア|マンションへのこだわり
模型を持つ人

洗練された空気感のあるブリリア|マンションへのこだわり

森が癒やしてくれる

マンション

東京を中心に建設されているブリリアですが、東京という街はコンクリートジャングルで騒々しいというイメージがあります。しかしよく探せば神社仏閣も多いですし公園も充実しています。東京で緑の多い、落ち着いた暮らしをしていくことは可能であるということがわかります。ブリリアはこの東京の性質を利用しつつ、マンション自体にも緑を取り込むことでより暮らしやすい環境を作っているのです。まず、ブリリアのマンションには自然光が届くような作りが施されていることに注目です。

ビルは光を遮るというイメージがありますが、今では建築物に最適な強化ガラスも開発されていますので、光を遮らないビルづくりができるようになっているのです。窓を大きくすれば室内にも光が入りますし、風通しも良くなります。エントランスがたとえ半地下に設置されていたとしても、窓が大きければ地下二階までにも光が届き、開放的な雰囲気を醸し出すことが可能です。ブリリアのマンション内に森を作ることで、ヒートアイランド現象を抑制できるのも良い点です。森を作れば涼しい気流を通すことができ、コンクリートのビルの間に溜まった熱も自然と逃がすことが可能になります。そうすることで周囲の温度よりもなんと摂氏1.7度も気温を下げることに成功しているのです。ブリリアのマンションに森が多く作られているのはこういった理由があるのです。これはなにも光熱費の節約というメリットだけではなく、大きな目でみれば地球環境にも貢献しているといえます。